バセドウ病と遺伝

遺伝とバセドウ病にはどのような因果関係があるのか?

バセドウ病は遺伝するのかどうか気になる人へ

子どもが誕生するとき、気になるのは病気です。特に親から子どもへと遺伝する性質の病気は気になるものです。

 

バセドウ病も遺伝が影響する病気のひとつだと言われていますが、実際はどうなのでしょう?

 

こちらでは、バセドウ病の遺伝について考えてみます。

 

遺伝率ははっきりと分かっていない?

バセドウ病を持つ人の子どもは、そうではない子供にくらべて発症しやすいとは言われています。

 

しかし、これほど進歩している現代医学でも正確な数字は判明していないどころか、そもそもバセドウ病の原因そのものが実はよく分かっていないのです。

 

スポンサーリンク

 

同じ遺伝子を持っている一卵性の双子であっても、両者が発症するケースはそう高くはなく「おそらく遺伝だろうけれど、他のことも深く関係しているのでは?」と考えられるのが一般的です。

 

しかしこの病気を発症しても、加齢や体質のせいだと決めつけられてしまい、それだと気付かないケースもあるものです。

 

親の遺伝が気になるのでしたら、日常生活において少しだけ慎重になり、可能な限り発症させない、発症してもすぐに治療できる準備をしておくことがとても大切です。

 

たとえ遺伝していても生まれてすぐは発症しにくい

親がバセドウ病にかかった経験があると、どうしても小さな子どもにも発症するのではないのかと気になるものです。

 

しかし実際に幼い子どもに発症するケースは、大変に低いとされています。

 

そのため、子供がまだ小さいときはそう神経質になることなく、年に一度程度の検診で大丈夫だと言えます。

 

スポンサーリンク

 

また、仮に発症したとしても、恐れることはありません。

 

この病気は「自己免疫障害」だと言われており、完治が難しい病気にも思えます。しかし医師の元でしっかり治療を受ければ、何もなかったかのように元の生活を続けられます。

 

つまり「バセドウ病だから」という理由で子どもの出産に対して慎重になったり、控えたりする必要はいっさいありません。

 

生活習慣などの影響にも目を向けるべき

バセドウ病は、親から子への遺伝以外に、生活習慣との関係が指摘されています。

 

その中でも代表的なものが「タバコ」です。タバコを日常的に吸うことで、発症率は飛躍的に高まると言われています。

 

それだけでなく、発症した人が長期化し治りにくくなったり、バセドウ病眼症になりやすくしてしまうとされています。

 

また、タバコによって甲状腺の機能を低下させてしまう症状が現れることもあります。

 

バセドウ病は男性よりも、女性に発症しやすいと言われています。

 

女性は妊娠や出産などを経験する過程で、大きなストレスを抱えやすいからとも言われていますが、実際のところ正確な理由は判明していません。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加